<安全輸送マネジメント>

 

 

 

1.安全方針】

 

私たち、有限会社グローイングツーリストの社員1人1人は、輸送の安全確保が自動車事業者の社会的使命と深く認識し、全従業員に輸送の安全の確保が最も重要であるという意識の徹底を図り、安全マネジメント体制の維持、継続的な改善に努める為、次の通り安全方針を定めます。

1.代表者は、輸送の安全の確保が事業経営の根幹である事を深く認識し、輸送の安全に関する基本的な方針を全従業員に周知徹底します。
2.実施すべき重点施策を定め、目標を設定し全従業員で目標達成に向け取組みます。
3.安全管理規定関係法令を尊守するとともに、安全マネジメントを確実に実施し、常に輸送の安全確保・向上に努めます。
4.常にお客様の安全を第一に考慮した、運行管理・車両整備・運行に努めます。
5.本方針は積極的に公表し、適時適切に見直しを行います。

 

       2.安全統括管理者】

 

代表取締役  浜埜 祐吉

 

            3.平成30年度安全目標・目標の達成状況・自動車事故報告規則第2条に規定する事故統計

 

1.〈事故にかかわる目標〉

 

●事故防止に関わる目標  

事故の種類

平成30年度 目標 

平成29年度 実績 

重大事故

0件

0件 

人身事故

0件

0 

(上記のうち、有責事故

0件 

0 

物損事故

0件 

0 

(上記のうち、有責事故)

0件 

0 

 


2.〈アルコール検知
  事故対策機構等の作成したアルコール摂取起因による事故データなどを取入れ、運転者に重大性を再認識させ、を目指します。(過去事故実績無)
3.〈関係法令に基づく社内規定の尊守〉
  社内安全管理規定に基づき、4か月毎の教育を行います。
4.〈安全管理(安全マネジメント)の取り組み確認と改善〉
  規定に基づく安全マネジメントの取り組みを強化し、 全従業員で問題解決に向けた対策を講じます。
5.〈輸送の安全に向けた教育の年間計画を作成し、実施いたします。〉
6.〈内部監査を実施し、よりお客様の安全に配慮した運輸安全マネジメントの確立を目指し、積極的に外部へ公表致します。〉

 

                4.安全管理規定】

 

(別紙 「安全管理規定」 参照)

 

                5.安全教育項目】

 

《運転者》
1.〈適性診断を活用した教育の実施〉
  ナスバネット(適性診断システム)による適性診断の記録を活用し、個々の乗務員に応じた運転適性を理解し、適切な指導教育を実施します。
2.〈車内事故をにする為のマニュアル順守の徹底〉
  「車内事故防止対策マニュアル」を活用し、車内でのお客様の転倒防止等お客様の安全を第一に考えた運転を心掛ける。
3.〈映像教材を活用した事故予防教育の実施〉
  交通安全協会や自動車事故対策機構が作成したヒヤリハットに関する映像を集めた教材等を使用し、 「危険予知トレーニング」を行い、乗務員に対し運転時における危険予測の能力を養います。
4.〈添乗指導の実施〉
  事故惹起者及びクレーム等が多い乗務員に対し、統括運転者が添乗指導を実施し、 安全な運行の確保を図ります。
5.〈お客様アンケートを活用した安全運転に対する注意喚起〉
  お客様から寄せられたアンケート結果を集計し、より良い接客サービス及び安全運転に役立てます。

《運行管理者》
〈点呼に係る指導の実施〉
  年2回の管理職による査察を実施し、点呼・乗務員への伝達事項の周知状況等、運行管理に関連した指導を行います。

《社内全般》
1.〈外部機関による安全講習の受講〉
  外部機関と協力し、事故防止に関する講習を運行管理者及び乗務員を中心に実施します。
2.〈従業員間での安全に関わる情報の共有〉
  運行管理者と乗務員、乗務員間等での日常の安全に関わる経験や情報の伝達を図り、個々の安全意識への向上に努めます。

 

            6.年間教育計画】

 

(別紙 表1「運転者に対する年間教育計画」 参照)

 

             7.運輸安全管理体系組織図】

 

(別紙 図1「安全管理体系組織図」 参照)

 

              8.重大事故・大災害発生時の緊急連絡体制】

 

(別紙 図2「重大事故・災害発生時の緊急連絡体制」 参照)

 

                9.内部監査実施マニュアル】

 

1.安全統括管理者(社長)より監査員の選定・告知、実施日の決定
2.監査員による各部門への運輸安全マネジメントに関する現状リサーチ
3.監査項目確認
4.実施日スケジュール
   1.安全統括管理者(社長)へのインタビュー
     ・安全方針、目標についての状況は把握されているか
     ・監査員の各部門に対する事前リサーチ結果の報告
     ・社長の把握状況とリサーチ結果を踏まえ、目標達成に遠い事柄等に 対する施策の見直し・強化の意見交換をし、二者間で決定
     ・次年度目標の検討と見直す方針がないか確認
   2.監査結果報告
     ・社内での運輸安全マネジメント進捗状況の評価
     ・各部門へ運輸安全マネジメントに対する取組みへの再指示確認
5.内部監査結果と追加決定事項の社内通達
6.外部への運輸安全マネジメント進捗状況公表

 

以上
平成291月1日